公園

目指し、作り続けるのは温かいコンクリート。

そこにある自然を破壊し、コンクリートで覆ってしまう。冷たいイメージを持たれてませんか?

ダクタル工事中どうかご理解ください。私達が温かいコンクリートを作っている事を。

私達が普段、生活していく上で整えなくてはならない環境があります。そのために固めなくてはならない場合もあります。コンクリートで。でもそれは、自然を破壊し、全てをコンクリートで覆い尽くすという意味ではありません。そして私達もそのような未来を望んでおりません。コンクリートは、自由な形に作る事ができ、私達の生活を支えてくれるものです。基礎とよばれる部分を担い、まさに縁の下の力持ちとして働いてくれる事も。

「皆様の生活を支える」をテーマに商売をさせていただき、コンクリートの可能性は広がってまいりました。今、コンクリートの技術は進歩し、形や強度など、様々なシチュエーション、ニーズに応えられる商品を提供できるようになっています。

手作業社会はめまぐるしいスピードで変化し、そしてさらにその変化への対応が求められています。ですが、その変化の中で振り回されることなく、私達が大切にしているものがあります。それは温かさ。

コンクリートは肌で触れると冷たさを感じる事があります。自然破壊のイメージと重なって冷たさを感じる事があります。なので私達は違うコンクリートを作っていこうと考えています。温かいコンクリートを作って行こうと考えています。

皆様の生活する環境を支え、社会の為になる仕事をコンクリートで提供していきます。型に流し込んで作る様な、まさに型にはまったお固く冷たい仕事ではなく、お客様の心の型に合う様な形をコンクリートで作り上げます。私達の仕事に決まった型はありません。コンクリートは自由な形を作る事ができるのと同じ様に。

 

手作業その為に土やホコリにまみれ、最後は手で仕上げます。その為に普段は皆様が目にしない様なところまで、最後は目で見つめます。心で触れた時、温かみを感じるコンクリートを目指して。

 

そして、このホームーページから、その心を伝えて行こうと考えています。